精力剤の危険性について

精力剤の危険性について

 

精力剤の危険性が時々話題に上がります。

 

これには主に2つの理由があります。

 

一つは成分的なもの、そしてもう一つは摂取量についてですね。

 

また最近では人気精力剤や勃起薬の偽物が多く出回っていますので、注意する必要があります。

 

 

精力剤の危険性 アレルギーについて

 

これは成分的なものでいうなら「アレルギー」に注意です。

 

精力剤の成分には、動物性・植物性ともに、あまり通常は摂取しないものがあります。

 

これらの成分にアレルギーが出ることもあるので注意してください。

 

なお、もしアレルギー反応が出たら、すぐに病院で検査を受けてください。

 

その精力剤に原因があるとわかっているなら、医師にそれを伝えることでアレルゲンが判明する可能性が高いです。

 

そうなれば次からはその成分を除外できるので安全性も増します。

 

 

ですが精力剤でアレルギー反応を起こすのは非常にまれです。

 

危険性という言葉を使うなら、むしろ摂取量に注目してください。

 

というのも、精力剤の類には多くの人が「早い効き目」を期待します。

 

例えば精力剤を飲んで10分後に性行為をするので、すぐにビンビンになりたい!とかですね(笑)。

 

いくらなんでも精力剤はバイアグラではないので、そんな即効性は持ち合わせていません。

 

そこで多くの人が陥りやすいミスが「過剰摂取」です。

 

 

1本飲んで30分経っても勃起しない・・・では、もう1本。 みたいな感じで、どんどん摂取量が増えてしまうパターンです。

 

精力剤の成分には内臓(特に肝臓)に負担の大きいものも少なくありません。

 

なので必ず表記されている量以上には飲まないよう注意してください。

 

 

とにかく量を飲んでも良いことはありません。 必ず逆効果になってしまうので、表記されている容量は守ってください。

 

こういう理由から考えると、バイアグラのような勃起薬のほうが安全という気もします。

 

飲んですぐに効果が現れますし、バイアグラを既定の容量以上に飲む人はまずいないでしょう。

 

 

ということで精力剤に即効果を期待するならこちらをどうぞ。

 

こちら=バイアグラ・シアリス通販

 

 

高齢者が注意するべき精力剤の成分

 

男という生き物は何歳になっても性行為には興味がありますし、実際に高齢者になっても性行為を楽しんでいる男性もいます。

 

しかし、加齢とともに精力は落ちていきますし、勃起力も低下してしまいますので満足できる性行為が行えない人が多くいます。

 

また、高齢者になると介護されることがありますので、精力がなくてペニスが勃起しなかったりサイズが小さくて恥ずかしい思いをします。

 

そうした悩みを抱える高齢者が精力剤を飲むときに気を付けておかなければいけないことがあります。

 

それは、精力剤に配合されている成分です。

 

では、高齢者が注意するべき精力剤の成分とは何でしょうか?

 

その成分とはヨヒンビンと呼ばれる成分です。*ランキング内の精力剤では使用されていませんのでご安心を。

 

交感神経の働きを抑えてリラックス効果のある副交感神経を優位にさせて血管を拡張させますが、高齢者が使用すると動悸や息切れを引き起こすことがありますし、頭痛や鼻詰まり、腎臓や肝臓などに負担をかけてしまうこともあります。

 

このようなことからも分かるように、高齢者が注意するべき精力剤の成分がありますが、副作用の症状があらわれるのは稀ですので、精力減退や勃起力低下などで悩んでいる高齢者の人は一応気を付けながら精力剤を使って楽しんでみてください。

 

成分配合量↓断然のNo,1 クラチャイダムゴールド