コンビニの精力剤は効くのか?

コンビニの精力剤は効果あるか?

 

コンビニにも精力剤は置いてありますが、それらの効果はどうなのか?

 

精力剤というのは、突然必要な時がやってきます。私も昔はこんな時に持っていれば!と思ったことは何度となくあります。

 

そういう時は、仕方なくコンビニの精力剤を代わりに飲むのですが、それで効果を感じられたなんていうことは、残念ながら皆無です。

 

最初に嫌なことを書いてしまい申し訳ないのですが、これは正真正銘事実です。

 

 

薬局チェーンもコンビニと大差ない

 

さらに残念なお知らせが続きます。

 

なんと大手薬局チェーンもコンビニと大差ないのです。要するに大して効き目は感じられないということです。即効性なんてほぼ100%ありません。

 

でも薬局でしょ?と思われますよね。確かに精力剤に力を入れている薬局なら、漢方の有名精力剤などが置いてありますが、大手薬局チェーンにはそんなものは置いてありません。

 

ではなぜなのか? これはコンビニにまともな精力剤が無いのと、9割がた同じ理由なのです。

 

コンビニ 精力剤

 

コンビニ・薬局チェーンの精力剤が効かない理由

 

コンビニや薬局チェーンの精力剤が効かない理由は簡単に言うと、ゆるい製品しか店頭に置けないからです。

 

コンビニや薬局チェーンといえば、高校生や中学生はもちろん、小学生もやってきます。そういった場所に「絶倫600」とか、そんなネーミングの精力剤を置くことは出来ませんよね。

 

そして精力剤は本来ドギツイ名前がつき、パッケージのデザインも大人風なものになるのが普通です。というよりそうでないと売れませんよね。パワーをアピールしないと、誰も興味を持ってくれません。ですがコンビニや薬局チェーンではそれが不可能というのが、置けない大きな理由です。

 

そして精力剤といえば、基本的に性的なパワーを高めるような成分を多く入れます。この成分というのはあまり量を取れないものなので、高価なものが多いのはよく知られています。

 

例えば、スッポン、ハブ、朝鮮人参、マカ、などが有名ですが、皆高価です。さらに最近の精力剤はコラーゲンやアミノ酸なども配合されています。

 

そういった高単価のものをふんだんに使う精力剤ですから、当然こちらの単価も上がります。

 

ですがコンビニでは、性的な宣伝は道徳上、一切出来ません。これでは高価なものは売れませんよね。なぜ高いか?すらも説明できないのです。

 

そういった理由で、コンビニ等にある精力剤は非常にソフトなものが多くなり、効果も少なくなってしまうのです。

 

それい以外にも、精力剤といっても食品の分類上は、ほぼ清流飲料水の部類です。もちろん薬でもなんでもないので、あまり効かなくて当然なのです。

 

 

ではどこで買えばいいか?

 

これは今までご説明しているとおりです。

 

即効性を求め、飲んだらビンビンを望む方はこちら=バイアグラ・シアリス通販

 

時間はかかるが体力をアップさせつつ自然な強化を目指す方はこちら=薬局で買える精力剤