精力UPの食品

精力増強が期待できる食物とは?

 

精力増強が期待できる食品をご紹介します。

 

ただし今回は精力剤の中心になるような成分ではなく、通常の食事で取れる範囲での食品をご紹介しようと思います。

 

 

にんにく

 

にんにく 精力剤

 

にんにくは精力増強と切っても切れない関係があります。

 

にんにくの効果については、いまさら多くを語らずとも、皆様実感された経験がお有りでしょう。

 

ですのでサラッとだけ効果を書いてみますと、いわゆる滋養強壮効果の他に、「抗酸化作用」というのが最も注目されています。

 

この抗酸化作用で期待できる効果は幅広く、アンチエイジング、がん・病気予防、コレステロール値低下作用、殺菌作用もあります。

 

ですがにんにくは非常に一般的な食材ですので、あまり意識して食べなくてもおかずに一欠片多く入れる感じでいいと思います。

 

あとは食べる際の匂い対策ですが、健康のために食べるならスープや煮物に入れることで、匂いをかなり抑えられます。にんにくは焼くことで強い匂いを発しますが、スープなどに入れた場合、そこまで強い匂いは出ません。

 

 

ウナギ

 

うなぎ 精力剤

 

ウナギも滋養強壮効果が高く、疲れた時に良いとされる代表的食品です。

 

ただし欠点がいくつかあるので注意してください。 まず欠点であげられるのは高価という事。 ですがこれはどうにもなりませんね(笑)。美味しいですし、栄養もあるので目をつぶる以外なさそうです。

 

それよりウナギの欠点は、太りやすいということだと思います。 栄養を摂るのはいいが太るはちょっと・・・というのが女性なら当然でしょう。 ウナギが太りやすいのは、あのタレに原因があります。 とにかく大量の糖分が含まれていますので要注意です。 ただしタレを使わずに焼くのも味気ない・・ そこでタレで食べる場合と、塩焼きなどで食べる場合と分けることをおすすめします。 たまにガッツリ食べて、後はなるべく自制することですね。

 

次にウナギの効果ですが、ウナギには多くのビタミンが含まれます。A、B、Eを特に大量に含んでいますが、ウナギといえば何と言ってもDHAの存在でしょう。

 

マグロに多く含まれると言われるDHA(ドコサヘキサエン酸)は、頭が良くなる、老化防止などがよく言われますね。 それ以外でも、保温効果や疲労回復、病気、視力にもウナギは効果があるとされています。

 

 

牡蠣

 

牡蠣 精力剤

 

「カキ」、こちらも有名ですね。

 

基本的に貝類というのは、非常に栄養豊富なことでも知られています。

 

それでいて、日本人の大好物でもあるので、容易に手に入れることができるのも良いですね。

 

海外に住むとよくわかりますが、港町にでもすまない限り、貝類なんてまず食べることは出来ません。日本は本当に恵まれていると思います。

 

ところで牡蠣、どんな効果があるのか?

 

牡蠣にも多くのビタミンが含まれますが、それ以上に重要なのは日本人が不足しがちとされる「ミネラル」を大量に含んでいることです。

 

とにかく日本人のミネラル不足は深刻なものです、ぜひ牡蠣をたくさん食べて解消してください。

 

そのミネラルの他にも、アミノ酸やタウリンという現在美容業界で熱い注目を浴びる成分も、牡蠣にはたっぷり含まれています。

 

これらの効果は抜群で、強い滋養強壮効果を発揮します。

 

更に牡蠣が良いとされているのは「肝臓」に対してです。 お酒の飲み過ぎ、疲れがたまった、などの時は、牡蠣が最高の薬となるでしょう。