鉄分不足によっておこる様々な症状

鉄分不足によっておこる様々な症状

 

妊娠 鉄

 

今回は女性の精力、栄養についてです。

 

精力というより、妊娠や健康などに関係してきます。

 

精力を高めることによって妊娠を促進するというのは、一般に行われていることですが、この場合は精力・栄養剤より「鉄」に注目してください。

 

 

鉄分が不足すると、人間の体は様々な症状が現れます。

 

よく知られている症状としては、貧血やめまいです。

 

急に立った時にふらっとしたり、目の前が真っ暗になって倒れそうになった経験があるという人は多いのではないでしょうか。

 

 

これは、血液中のヘモグロビンが減少することによって、全身に酸素が十分に行きわたらなくなります。

 

それによって貧血になるのです。

 

ヘモグロビンと鉄はとても密接な関係にあるのです。

 

 

また、鉄分が不足すると妊娠しにくくなり、生理不順や抜け毛、血色不良、むくみ、動悸、息切れなどの症状も現れます。

 

女性は、妊娠中に鉄が不足することが多いようです。

 

胎盤から胎児に栄養が行くのですが、鉄も胎児に優先的に渡ってしまうことによって、母体は鉄不足となってしまうのです。

 

 

妊娠時は、血液検査によって鉄不足による貧血がないかなどを調べてもらえるので、

 

医師の指示によって鉄剤などが処方されます。

 

しかし、妊娠中はつわりがある人も多く、鉄剤による吐き気を感じる人も少なくないようです。

 

 

女性は妊娠出産を考えてない場合でも、鉄分をしっかり取れるような食生活や、足りない栄養はサプリメントで補う習慣を付けることによって、

 

将来に備えるということも大事なことかもしれません。