性欲が強い男はハゲるという話は本当?

性欲が強い男はハゲるという話は本当?

 

性欲 ハゲ

 

性欲が強いのは決して悪いことではありません。

 

性欲が強いことによって性行為の回数が増えて少子化に歯止めをかけることもできますし、パートナーとの関係を良好に保ち続けることもできるからです。

 

しかし、性欲が強い男はハゲるということを聞いたことはありませんか?

 

確かにテレビで活躍しているお笑い芸人や芸能人などにハゲている人がいますし、その人はすごく性欲が強いという印象があります。

 

では、性欲が強い男はハゲるのは本当でしょうか?

 

これは、性欲が強い男がハゲやすいということは言えるでしょう。

 

ハゲるの体質や年齢による違いがありますし、性欲が弱い人でもしっかり頭皮や髪のケアをしていなければハゲやすくなります。

 

性欲が強い男はハゲるのは男性ホルモンのテストステロンが深く関係しています。

 

男性ホルモンのテストステロンは筋肉や骨を作ったり、闘争心や意欲などにも関係するホルモンですので男性には必要となります。

 

しかし、テストステロン自体がハゲさせやすくしているわけではありません。

 

 

テストステロンが増えるとハゲる?

 

テストステロンが増えるだけでハゲることはありません。

 

確かにテストステロンが増えることによってハゲやすくはなりますが、問題はテストステロンだけにあるのではなく、テストステロンと結びついて変化させる5αリダクターゼのほうが問題視されています。

 

テストステロンは体内で5αリダクターゼという酵素と結びつくことによってジヒドロテストステロンという強力な男性ホルモンに変化してしまいます。

 

このジヒドロテストステロンが抜け毛を進行させてしまうのですが、この強力な男性ホルモンも5αリダクターゼさえなければ発生することはありません。

 

実際に男性型脱毛症の治療で5αリダクターゼを阻害する薬が使われています。

 

このようなことからも分かるように、確かにテストステロンが増えるとハゲやすくはなりますが、これだけが問題ではなく酵素やジヒドロテストステロンも深く関わってくるということです。

 

また、あまり関りはないとされていますが、性欲が強くて頻繁に射精させている人もハゲやづいと言われています。

 

これは、射精することによって男性ホルモンの分泌が活発になることや、髪の成長に関わる亜鉛が精液に含まれているからです。

 

かなりの射精回数であればハゲる可能性はありますが、常識の範囲内であればハゲることはないと考えられます。

 

今、人気のテストステロンサプリはこちら=テストステロンを増やすサプリ