更年期の疲れと精力剤

更年期の疲れと精力剤

 

更年期 精力剤

 

更年期の症状で多いのが、疲労感や倦怠感、無気力感などの疲れでしょう。

 

なぜなら更年期前後になるとホルモンバランスが崩れてしまうからです。

 

ホルモンバランスの崩れが自律神経の変調に繋がり、代謝が低下し疲れを感じやすい体質になってしまうのでしょう。
体のエネルギーを生み出す力がどんどん低下してしまうので、仕方のない減少だといえます。

 

 

若いときであれば、仕事や運動で疲れたとしてもゆっくりと眠ったり一日休息を取れば解消をすることができました。

 

しかし、更年期の疲れはゆっくりと眠ったり休息を取るだけでは解決をすることが出来ない疲れなのです。

 

更年期、という症状なので疲れが出てしまうことは仕方がありません。

 

 

ただでさえストレスがたまりやすい更年期障害ですが、疲れが溜りやすくなると更に辛さを感じてしまうでしょう。

 

更年期での疲れが辛い場合は、さまざまな方法で疲れを取るようにしてみましょう。

 

 

たとえば、熱いシャワーを浴びて見てはいかがでしょうか。

 

眠気が取れない、やる気が起きないなどの時は、少し熱めのシャワーを浴びると自律神経の交感神経が刺激されて目を覚ますことができます。

 

 

規則正しい生活を送ることも大切です。

 

忙しくても普段と起床時間就寝時間を変えずに過ごすことで、健康的な生活を送るように慣れるでしょう。

 

 

更年期の年齢

 

更年期、という言葉はよく聞くと思いますが、いつくらいから始まるのでしょうか。

 

女性の場合早い人であれば、更年期は40代半ば頃から起こるといわれています。
更年期のほとんどは、女性の月経異常が重なる時期に起こる現象なのです。

 

閉経年齢で一番多いのが50歳をいわれているので、45歳前後から体が閉経の準備をする機関となります。

 

この時期は閉経をするためにホルモンバランスが不安定になってしまうため、更年期のような現象が起きるといわれています。

 

 

閉経年齢というのは50歳が平均です。

 

あくまで平均なので、50代でも閉経していない人もいれば40歳以前に閉経を迎える人もいるといわれています。

 

特に仕事などのストレスが溜まっている人は閉経が早まるといわれているのです。

 

 

40代50代で月経のリズムが崩れたり周期が狂ってきたと感じるようになったら、閉経の準備だということを自覚しましょう。

 

自覚をしていればいざというときにも対応をすることが出来ますし、更年期への心の準備をすることも出来ます。

 

 

更年期前は人によっては2週間以上月経が続いたり月2,3日しか月経が起こらない場合も多いでしょう。

 

これは体の不調ではなく、年齢と共に起こる体の変化なので安心して下さい。

 

 

そして男性の場合は、これといったサインはありません。

 

強いて言えば体力の低下や記憶力の低下があげられるかもしれません。

 

 

更年期の疲れに薬は最後の手段

 

更年期の治療で主に行われているのが、ホルモン剤などの薬物治療です。
更年期はホルモンバランスの乱れから起こる症状です。

 

そのためホルモン剤を投与すると、比較的簡単に治すことが出来るでしょう。

 

 

しかし最近は、ホルモン剤を使わない治療方法も増えて来ました。
更年期は多くの方に起こる現象ではありますが、病気と言う訳ではありません。

 

年齢による体の変化なのです。

 

 

更年期のホルモン補充療法は賛否両論があるといわれていますし、ホルモンを投与することで副作用が起こる可能性もあります。

 

そのため最近では、ホルモン剤を投与しない治療を行う医師も増えてきています。

 

 

たとえばサプリメントなどによる治療です。
大豆イソフラボンは女性ホルモンに近い成分を持っているといわれています。

 

そんな大豆イソフラボンを含んだサプリメントや食品を補うことで、女性の更年期症状を抑えることが出来るのです。

 

 

他にも良質なたんぱく質や脂質などを摂取するなど、食生活を変えることで更年期の症状を抑える事は可能です。

 

体の細胞の材料をそろえる事で、心も体も落ち着いた日常生活を送れるようになるのではないでしょうか。

 

健康的な体を作るためにも、薬ではなく栄養補給という観点での治療がおすすめです。

 

 

更年期には漢方薬よりサプリ

 

薬を使わない更年期治療でよく使われているのが、漢方とサプリメントです。

 

どちらも体質改善をすることが出来る製品でしょう。

 

 

おすすめなのは、サプリメントでの治療です。

 

漢方を服用することで、更年期で起こりやすい症状を緩和することが出来ます。

 

更年期になると、冷えやすくなったり、体の凝りの悪化や頭痛、耳鳴り、貧血などさまざまな症状が起こるでしょう。

 

しかし、
けれどもあくまで症状を改善するだけで、更年期の治療にはいたりません。

 

 

サプリメントは、体に良い成分を補うことで更年期の症状を抑えることが出来ます。

 

更年期の薬物治療ではホルモン剤が使用されていますが、栄養の中には女性ホルモンの働きを補うことが出来る成分があるのです。

 

女性ホルモンに似た成分をサプリメントから補えば、体内で女性ホルモンの代わりとなり、体の状態を健康的な状態まで引き戻してくれるでしょう。

 

 

特に良い成分が、大豆イソフラボンとマカです。

 

どちらも栄養豊富でアンチエイジング効果も高く、美容の為に飲んでいる方も多い成分です。

 

 

これらの成分をサプリメントから摂取すれば、体の調子も整い更年期の症状も緩和するのではないでしょうか。

 

更年期が辛いと感じたら、まずはサプリメントから試してみてください。

 

 

男性の更年期障害

 

男性の更年期障害

 

更年期というと中年女性に起こる症状だと思われがちです。
しかし実は、男性にも更年期の症状が現れる事もあります。

 

 

更年期障害とは、ホルモンバランスの乱れにより体や精神面に症状が出来る自律神経失調症所一種であるといわれています。

 

女性は閉経が起こるので、ホルモンバランスの乱れも起きやすく更年期の症状が発症する方も多いでしょう。

 

しかし男性も、年齢と共にホルモンバランスの乱れが起きて更年期のような症状が起こる場合があります。

 

 

男性の更年期は、だるさや疲れ、フミン、うつ、性欲の低下や筋力の衰え、集中力の低下や性機能減退などが起こるといわれています。

 

男性ホルモンも、年齢と共に少しずつ減少してきます。

 

男性ホルモンのピークは20代から30代であり、その後年齢を追うごとにどんどん減少してしまうでしょう。

 

ホルモン量には個人差がありますが、加齢はもちろんストレスによっても減少することが多いのです。

 

 

また、神経質な人や真面目な人、責任感の強い方は更年期の症状が起こりやすいともいわれています。

 

中高年男性で最近疲れやすい、だるさが取れない、眠れないなどの症状が起こる人は男性更年期の可能性が高いでしょう。

 

男性の更年期もサプリメントを服用することで緩和することが出来ます。

 

まずはサプリメントから不足している成分を補って見ては如何でしょうか。

 

おすすめは=【マカ&クラチャイダム12000】

 

 

更年期で性欲がなくなる

 

更年期で悩まされている男性は朝の勃起がなくなったり以前より硬さが弱くなったりしているでしょう。

 

これは更年期による症状の一つとされており、性欲が低下することによって朝起ちの回数が減ったり酷い人では勃起不全になってしまうこともあります。

 

また、男性の朝起ちは男性更年期障害のサインでもあり、男性ホルモンのテストステロンが減少することが要因とされています。

 

そもそも男性の更年期は男性ホルモンのテストステロンの分泌量が減ることによって起きますので、性機能の低下や性欲減退は当然のことと言えます。

 

では、どうしてテストステロンの分泌量が減ると性欲がなくなるのでしょうか?

 

それは、男性ホルモンは神経や血管に作用して一酸化窒素やサイクリックGMPという分子を産生し、勃起を促す作用があります。

 

更にドーパミンという興奮作用がある神経伝達物質を増やす効果もあります。

 

だから、男性ホルモンのテストステロンが減少すると性欲が低下し、勃起不全になることもあるのです。

 

具体的な性に関する症状として、朝起ちの回数減少、勃起持続時間が短くなる、性行為での喜びの低下、性欲や性的衝動の減少などが挙げられます。

 

こうしたことからも分かるように、男性は更年期になることによって性欲がなくなることもありますので、予防策や対処法でしっかり対応するようにしましょう。

 

 

女性も更年期で性欲減退する

 

更年期 女性

 

女性の更年期は卵巣から分泌される卵胞ホルモンのエストロゲンが低下することによって起こり、これが脳の中の自律神経中枢の働きを低下させることで様々な症状があらわれてきます。

 

また、女性更年期は閉経を迎える45歳から55歳のころに発症することがあり、初期にあらわれる症状は発汗やイライラ、不眠や顔の火照りなどです。

 

身体的症状として性交障害があり、これは性行為時に膣からの分泌液が少なくなって痛みを伴いますし、日常でも膣が乾燥して排尿時などにしみることなどがあります。

 

更に閉経によって膣の粘膜が薄くなって性行為時に痛みを感じることもあります。

 

こうした性交障害の症状があらわれることによって、女性も更年期で性欲減退することがあるのです。

 

精神的症状ではやる気のなさや集中力の落ち込みなどによって精神が不安定になり、性欲も落ち込んでしまうことがあります。

 

男性だけではなく女性でも性欲減退しますが、性行為は潤滑ゼリーなどを使用した工夫次第で可能となります。

 

おすすめ↓

 

成分配合量↓断然のNo,1 クラチャイダムゴールド