更年期の年齢

更年期の年齢

 

更年期、という言葉はよく聞くと思いますが、いつくらいから始まるのでしょうか。

 

女性の場合早い人であれば、更年期は40代半ば頃から起こるといわれています。
更年期のほとんどは、女性の月経異常が重なる時期に起こる現象なのです。

 

閉経年齢で一番多いのが50歳をいわれているので、45歳前後から体が閉経の準備をする機関となります。

 

この時期は閉経をするためにホルモンバランスが不安定になってしまうため、更年期のような現象が起きるといわれています。

 

 

閉経年齢というのは50歳が平均です。

 

あくまで平均なので、50代でも閉経していない人もいれば40歳以前に閉経を迎える人もいるといわれています。

 

特に仕事などのストレスが溜まっている人は閉経が早まるといわれているのです。

 

 

40代50代で月経のリズムが崩れたり周期が狂ってきたと感じるようになったら、閉経の準備だということを自覚しましょう。

 

自覚をしていればいざというときにも対応をすることが出来ますし、更年期への心の準備をすることも出来ます。

 

 

更年期前は人によっては2週間以上月経が続いたり月2,3日しか月経が起こらない場合も多いでしょう。

 

これは体の不調ではなく、年齢と共に起こる体の変化なので安心して下さい。

 

 

そして男性の場合は、これといったサインはありません。

 

強いて言えば体力の低下や記憶力の低下があげられるかもしれません。