更年期の倦怠感とは?

更年期の倦怠感とは?

 

更年期の疲れ

 

更年期の症状で多いのが、疲労感や倦怠感、無気力感などの疲れでしょう。

 

なぜなら更年期前後になるとホルモンバランスが崩れてしまうからです。

 

ホルモンバランスの崩れが自律神経の変調に繋がり、代謝が低下し疲れを感じやすい体質になってしまうのでしょう。
体のエネルギーを生み出す力がどんどん低下してしまうので、仕方のない減少だといえます。

 

 

若いときであれば、仕事や運動で疲れたとしてもゆっくりと眠ったり一日休息を取れば解消をすることができました。

 

しかし、更年期の疲れはゆっくりと眠ったり休息を取るだけでは解決をすることが出来ない疲れなのです。

 

更年期、という症状なので疲れが出てしまうことは仕方がありません。

 

 

ただでさえストレスがたまりやすい更年期障害ですが、疲れが溜りやすくなると更に辛さを感じてしまうでしょう。

 

更年期での疲れが辛い場合は、さまざまな方法で疲れを取るようにしてみましょう。

 

 

たとえば、熱いシャワーを浴びて見てはいかがでしょうか。

 

眠気が取れない、やる気が起きないなどの時は、少し熱めのシャワーを浴びると自律神経の交感神経が刺激されて目を覚ますことができます。

 

 

規則正しい生活を送ることも大切です。

 

忙しくても普段と起床時間就寝時間を変えずに過ごすことで、健康的な生活を送るように慣れるでしょう。