ジェネリックとは?

ジェネリックとは?

 

 

処方箋で薬を貰うとき、「ジェネリックにしますか」と聞かれた経験はありませんか?

 

 

最近増えているのが、この「ジェネリック医薬品」

 

しかし、ジェネリックとは何なのか知らない人も多いでしょう。

 

 

ジェネリックは、欧米で一般的という意味の言葉であり、ブランドが特にない薬のことをいいます。

 

他にも日本では、後発医薬品と呼ばれていることもあります。

 

ジェネリック医薬品は、どんどん発売されており本当にさまざまな種類が増えているのです。

 

 

ジェネリックは、ブランドなど何もないいわゆる廉価の薬となっています。

 

そのためほとんどの薬はジェネリックに変えることで、値段を大幅に安くすることが出来るでしょう。

 

価格は薬によって違いますが、ほとんどは新薬の2割から6割程度の金額で購入することが出来ます。

 

 

日々さまざまな薬を飲んでいる人には、大幅な節約に繋がるのではないでしょうか。

 

 

なぜ、ここまで安く提供できるのかというと開発コストが無いからです。

 

新薬よりも、新薬を元に開発されたジェネリックは開発期間も短くコストも掛かりません。

 

そのため安い金額で提供をすることが出来るのです。

 

 

安全性に不安があるという方もいますが、効き目や成分は新薬とほぼ同じで、品質も厳しくチェックされています。

 

そのため、安心して服用することが出来るでしょう。

 

成分配合量↓断然のNo,1 クラチャイダムゴールド