女性用精力剤

精力剤 女性用ランキング

 

精力剤 女性

 

女性用の精力剤ランキングです。

 

まず最初に正直に書いておきますが、このランキングは女性に試してもらった結果、感想を元にしています。もちろん情報は正確ですが、男性用の精力剤ほど大量にテストしていません。

 

なので私が知るかぎりでランクを決定しました。ただ精力剤の女性用といっても、栄養ドリンクをご紹介しても誰も嬉しくないと思いますので、このランキングは女性の反応が良くなるといったタイプのもののみをご紹介します。

 

いわゆる「媚薬」といった関連ですね。ちなみに女性用の媚薬の中にはとんでもなく高価なものもあります。ですがこれらはあまりに怪しすぎるのと、高価すぎることで試していません(スイマセン)。ですが名前の通っているものは一通り試しましたので、ランキングの精度は高いと自負しています。

 

 

それでは1位からどうぞ!

 

ピュアマイスプレー(女性専用)

 

 

このピュアマイスプレーは直接女性の性器などにスプレーするタイプです。日本のものでも似たような効果を謳うものがいくつかありますが、この製品と比べると大人と子供ぐらいの違いがあります。使った女性の感想は、「熱くなるような、ちょっとカユイような感じがして、無性にムズムズする」とのことです。なお挿入中もその感覚が続くので、それは燃え上がるそうです。

 

こちらから=ピュアマイスプレー女性用(PjurMySpray)

 

 

チョコレートラブDX


非常に強い作用があります。公式ページによると「飲み物に数滴たらすだけでとんでもないことになると話題の媚薬です。」とのこと。

 

これ以上の解説は下記リンク先からお願いします。

 

こちらから=チョコレートラブDX(Chocolate Love DX)

 

 

プロベストラ

 

こちらは飲むタイプ、タブレットです。プロベストラは飲んで即発情!みたいなものではありませんが、世界中で非常に評価の高い女性用性欲剤です。飲み続けることで女性の性欲をどんどん高めていきます。最近女性パートナーの元気がない・・というご家庭等に最適です。 こういったタイプは天然成分100%が安心ですよね。 効果も使用方法もタイプ的に男性用精力剤に似ていますので、スタートで躓くこともなく始められると思います。

 

こちらから=プロベストラ(Provestra)

 

 

用途によって使い分けてください

 

ランキングで書いたように、即効を求めるなら直接タイプが断然オススメです。*現在1位のピュアマイスプレーがそうです。 不噴射直後から直ぐに効果が出ますので、ベッド・インしてから使用すれば十分に間に合います。 そしてほとんどの方が求めるのはこのタイプだと思います。

 

次に錠剤タイプやドリンク剤タイプ、舌に噴射するタイプなどもありますが、これらは直接タイプと比較すると即効性で大きく劣ります。ただし体質を強化したり、性欲を呼び起こしたりする場合もあるので、そして持続性ではこちらに軍配があがるかもしれません。アメリカ・ヨーロッパでは、このタイプが非常に人気が高いです。夫婦などが充実した性生活を送るためですね。こういう使い方なら強力な効果を発揮します。

 

どれを選ぶか?は、何を重視するか?をお考えになって判断してください。

 

なお直接タイプにクリームのタイプ(チューブ入りなど)がありますが、直接使用した女性によれば、クリームよりはリキッド(液状)の方が即効性があるとのこと。さらに中国・香港のものより、欧米系のほうが直接の効果は高いと評判です。

 

これは全てを試した結果ではありませんが、大きく見てこういった傾向はハッキリ出ました。

 

 

女性の精力減退理由について

 

精力には体内で分泌されるテストステロンという男性ホルモンが深く関係しています。
女性の性欲のピークは30代後半といわれていますが、テストステロンは女性でも常に少量ずつ分泌されているのです。

 

しかし、10〜20代の年齢が若いうちはエストロゲンやプロゲステロンなど女性ホルモンの陰に隠れてしまっています。

 

しかし、年齢を重ねて30〜40代になると女性ホルモンのエストロゲンの分泌は急激に減少していきます。
そうすると、それまで陰に隠れていた男性ホルモンのテストステロンの働きが目立つようになるのです。
このテストステロンの働きによって、女性は30代後半で特に性欲が高まると言われているのです。

 

その一方で、女性の精力の減退の理由は他にもあります。
毎日の家事や育児に追われて自分の時間がなくなると余裕が持てなくなり、それが原因でストレスが溜まっていくのです。

 

ストレスは自律神経のバランスを乱して、うつ病などの精神病の原因になってしまいます。
ストレスが溜まった精神状態では性欲よりも、疲れを取るために身体を休ませようとする防衛反応が働くので、セックスを楽しむ気分には到底なれないでしょう。

 

対策としては、ストレス発散できる時間を作る事が大切です。
自分1人で抱え込むのではなくパートナーを頼って話をしたり、家事を手伝ってもらうなど、自分に余裕が持てるようにうまくバランスを取るようにしたいものです。

 

更年期にさしかかると、閉経などから妊娠の心配もなくなり、セックスを楽しみたいという思いの反面、女性の半数以上は性欲の減退を感じてしまうようです。
更年期になるとエストロゲンが減少する影響で膣が渇きやすくなって、萎縮してしまいます。
そのため、性交時の痛みを感じやすくなるのが原因です。それも精力減退の一因と言えるでしょう