バイアグラの効果

バイアグラの効果とは?

 

バイアグラの効果とは?

 

まさに、「今さら聞けない」ですね(笑)。

 

ですが今までは必要なかったが、今は・・・という方も多いはずです。

 

これを機会に、バイアグラの効果がどんなものなのか、理解しておくとなにかと便利だと思います。

 

 

バイアグラを実際に飲むとどうなるのか?

 

バイアグラは幅広い男性に効果のある薬剤として有名です。

 

 

まず元々バイアグラは動脈拡張剤として研究開発された薬だそうです。*血圧を下げる作用です。

 

その時服用した患者さんの多くが、「強烈な勃起」を副作用として申告したことが、バイアグラがED治療薬として誕生するきっかけになりました。

 

なので幅広く効果のあるバイアグラでも、動脈硬化など血管に疾患のある方には効かない(または効きにくい)事になります。

 

 

ではそうでない方がバイアグラを飲むと、どういう作用がでるのか?

 

まず薬が作用するのは、通常飲んでから1時間後とされています。

 

なので性行為を行う1時間以上前には飲んでおかないといけません。

 

ちなみに薬の作用が持続する時間は、基本4時間ぐらいとされていますが、人によっては数日も効果が続いたというケースも報告されています。

 

 

そして飲んだ1時間後ですが、何もない状態でいきなり勃起するというのではありません。

 

バイアグラは性的な刺激を引き金にして勃起するのです。

 

なので、何かしらの性的刺激が必要になります。

 

とはいっても、これは難しいことではありません。

 

絶世の美女が目の前にいなくても、女性が目の前にいれば十分性的刺激ですし、「その女性がセクシーな服を着ている」なんてことなら、100%問題ありません。

 

別に実物の女性でなくとも、雑誌のグラビアでもTVをでもビデオでも、性的な刺激が得られればなんでも構いません。

 

 

このバイアグラの勃起を促すメカニズムですが、簡単に言うと「バイアグラを飲んだ状態(服用後1時間)で性的刺激を受けると、性器に送られる血流が増大します」これによって半ば強制的に勃起状態を起こすということです。

 

 

バイアグラを飲むときの注意点

 

ここは要注意です。 バイアグラを飲む前には必ず確認して下さい。

 

まずバイアグラはもともと血圧を下げる薬だと先ほど書きました。

 

なので血圧を下げる作用のある薬と同時に服用することは危険です。 絶対にやめましょう。

 

それから心臓に持病を持つ方も危険です、服用厳禁です。

 

 

そしてこれはなんの薬にも言えることですが、バイアグラを服用しているときは、必ず性行為の相手にそのことを伝えるようにしてください。

 

これは、もしお薬を服用した事で体調に異変をきたした時、救命士や医師にそのことを伝えないと誤った処置を受ける可能性があるからです。

 

これはお薬全般に言えることですが、現在ご自分がなんの薬を服用しているかわかるようにしておくことが重要です。

 

それからこれは当然ですが、アルコールとの併用も厳禁です。

 

 

そしてもう一つ、これはバイアグラの効き目を良くするための注意点です。

 

バイアグラ服用前、なるべく2〜3時間は何も食べないことが望ましいです。

 

胃に何もない状態でバイアグラを飲むことで、純粋に成分の効果を期待できます。

 

他の食べ物などが胃にあると、どうしても薬の効果は鈍ります。

 

お気をつけ下さい。

 

 

なおバイアグラなどの個人輸入代行は信用あるこちら=バイアグラ・シアリス通販